予備校講師がこっそり教える子どもを伸ばす親 残念な親

予備校のベテラン講師が、受験や学校にまつわる『保護者の悩み事』にちょっとしたスパイスをふりかけつつ、お答えします。子どもの人生に親が責任を感じすぎるのは、双方にとってマイナスです。肩に力を入れることなく、客観的にゆるーく『親力』を鍛えませんか?

予備校講師がこっそり教える子どもを伸ばす親 残念な親 イメージ画像
叱ってばかりではいけない、褒めなければ!
ウチの子だってやれば(もっと)できるはず・・・
誰だって人生ではじめて経験する「親」は、
やっぱりムズカシイのです。気楽にいきましょう。             

プログラミング教育

2020年からの『小学校学習指導要領』(http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/1383986.htm)は子供たちの情報活用能力育成を強調し、そのために次の学習活動を計画的に実施するように求めている。・児童がコンピュータで文字を入力するなどの学習の基盤として必要とな

大学受験シーズンも終わりが近づいています。近年は文系の人気が高いようですが、世界では異なる潮流が出ています。理系分野で優れた人材を増やそうと、科学・技術・工学・数学に力を入れる「STEM教育」が広がり始めているのです。  STEMとは科学・技術・工学・数学の英語

GMOメディアは2月20日、同社が運営するプログラミング教育メディア「コエテコ byGMO」と、私塾界が発行する「月刊私塾界」が共同で実施した「プログラミング教育に関する調査」の結果を発表した。 調査対象は小学生の保護者2056名。男女比は男性51.1%、女性48.9%。年齢は2

●「『プログラミング』という新しい教科ができる」は勘違い「必修化されたからといって、新しく『プログラミング』という教科が作られるわけではありません」そう話すのは、学校におけるプログラミング教育の普及・推進を主な業務とする文部科学省の稲葉敦さん。 そのため

 文部科学省が発表した小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)によると、プログラミング教育はコーディングを学ぶことではなく、「プログラミング的思考」を身につけることを目的としてます。 コーディングとは、プログラミング言語で

「何歳くらいからプログラミングを勉強させ始めるといいんでしょう?」これ、すんごい難しい問題です(苦笑)。まず世界ではどうなっているのか?から紹介していきます。世界の小学生はプログラムを勉強しているか?最初にお断りしておきますが(笑)、本来、私は「なんでも

 これまで、グローバル社会では英語が大切!とか、やっぱり良い大学を目指して!とか言われてきた中で、いきなり「プログラミング」って言われても、 正直、戸惑いますよね。 おまけに、その理由が「21世紀スキル」だとか「STEAM教育(最近ではSTEAM教育とも)」だとか言わ

↑このページのトップヘ