予備校講師がこっそり教える子どもを伸ばす親 残念な親

予備校のベテラン講師が、受験や学校にまつわる『保護者の悩み事』にちょっとしたスパイスをふりかけつつ、お答えします。子どもの人生に親が責任を感じすぎるのは、双方にとってマイナスです。肩に力を入れることなく、客観的にゆるーく『親力』を鍛えませんか?

予備校講師がこっそり教える子どもを伸ばす親 残念な親 イメージ画像
叱ってばかりではいけない、褒めなければ!
ウチの子だってやれば(もっと)できるはず・・・
誰だって人生ではじめて経験する「親」は、
やっぱりムズカシイのです。気楽にいきましょう。             

中学3年生の保護者の方へ

前回に引き続き、三者面談のお話です。 面談の構図として 学校の先生 VS 生徒+保護者 が一般的。親が、子どものガンバリを認めている場合はこのパターンになります。 以前に担当した生徒のエピソードです。 Aくんは柔道一筋。勉強は好きではありませんでした。それで

12月3日(日)は、中学3年生の保護者会でした。来週からは各中学校で、 受験高校決定のための三者面談 を控えているため、どことなく保護者の方々もピリピリしています。 一般的な三者面談の構図は 学校の先生 VS 生徒+保護者 ですが、 学校の先生+保護者 VS

志望校への合格は厳しい状況です。 よくて3割、冷静に見れば2割です。 どんな結果になっても、お子さんが 『最後まで諦めずにやり通せた』 『お父さんもお母さんも先生もずっと応援してくれた』 と思いを持ってくれたなら、それは絶対に 『後悔しない受験』になりま
『後悔しない受験って!?』の画像

定期テストに向けての勉強と受験に向けた勉強のバランス。 中3生の悩みのひとつです。 定期テストは内申点に直結するためどうしても優先したくなります。テスト直前はそれが正解です。 ただ、いつからがテスト直前なのでしょうか? 2週間前?1週間前?3日前・・・?
『入試に向けた勉強はやらなくていい?』の画像

本日も「こっそり」にご来校いただき、 誠にありがとうございます。 台風の接近が伝えられています。 私の住んでいる地域も直撃(?)ぽいです。 皆さんもご注意くださいね。 さて今回は「子育てのNG!?」を お送りいたします。ごゆるりとー(^^)/ =========
『やってはいけない』の画像

本日も「こっそり」にご来校いただきありがとうございます。今回は「結果としての勉強時間」をお送りいたします。ごゆるりとー(^^)/ この時期になると部活動を引退してヒマ?になった中学校3年生から 1日に何時間くらい勉強すればいいですか? とよく聞かれます。私は 
『勉強時間は結果!?』の画像

高校への受験勉強において、2学期前半でいちばん大切なのは、苦手な教科・単元を発見し、確実にできるようにしていくことです。その単元に取り組む時間をつくり、 いつまでにどんな教材を使って 苦手克服をするか、自分で考えさせることが大切です。 「できていない」こと
『苦手教科・単元をどう克服するか?』の画像

↑このページのトップヘ