予備校講師がこっそり教える子どもを伸ばす親 残念な親

予備校のベテラン講師が、受験や学校にまつわる『保護者の悩み事』にちょっとしたスパイスをふりかけつつ、お答えします。子どもの人生に親が責任を感じすぎるのは、双方にとってマイナスです。肩に力を入れることなく、客観的にゆるーく『親力』を鍛えませんか?

予備校講師がこっそり教える子どもを伸ばす親 残念な親 イメージ画像
叱ってばかりではいけない、褒めなければ!
ウチの子だってやれば(もっと)できるはず・・・
誰だって人生ではじめて経験する「親」は、
やっぱりムズカシイのです。気楽にいきましょう。             

小学生からの英語

本日も「こっそり」にご来校いただきありがとございます!本日は英語に関係するニュースです。これを読んだとき、英語が苦手の私としては「そりゃそうだよね」と思いました。学生時代は「英語は重要!」と言われ続け、英語が話せなければとんでもないことになる!といった雰
『そりゃそうだよね!?』の画像

文部科学省は、平成26、27 年度に続き中学校3年生を対象に、「平成28年度英語教育改善のための英語力調査」を実施。その結果、「話すこと」 「書くこと」について、上位レベルと下位レベルの差が大きいといった課題が浮かび上がった。 調査は、全国の公立中学校から無作為
『英語4技能の実態って!?』の画像

本日も「こっそり」にご来校いただきまして、誠にありがとうございます。これまで書き溜めて参りました「小学生からの英語教育」が、自分自身の中で完結(?)いたしました。ここにまとめておきたいと思います。長文ですが、よろしければお付き合いください。■どう変わる!
『小学生からの英語教育~完結編!?~』の画像

小学校において2020年度には外国語教育が3年生から必修化されます。加えて 5年生からは教科 になります。教科になると文部科学省の検定に合格した教科書を使用し、テストも行われ、通知表にも 成績がつきます(; ̄Д ̄) これは児童・保護者に大きなインパクトを与えるで
『小学校で英語の成績がつく!?』の画像

小学校で2011年度から実施されている学習指導要領では、5年生から「外国語活動」が必修化されています。私が担当している小学生に「学校でも、英語やっているの?」と聞くと 「先生、外国語ですよ」 と必ず訂正されます。英語以外の言語は習っていないようですが、あくまで
『小学校の英語の授業って、何をやっているの!?』の画像

『英語は小さい頃から勉強させたほうがいいのでしょうか?』 小学生の保護者の方からよく質問をいただく内容です。 ピッツバーグ大学の白井恭弘先生は、2013年の全国英語教育学会で「英語学習が成功する条件」を次のように述べています。 (1)年齢が若い(2)適性が高い(3
『小学校から英語を学習させるべき!?』の画像

↑このページのトップヘ